トップ画像

車庫証明の書き方

自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書の書き方

自動車保管場所証明申請書も保管場所標章交付申請書も複写式で同じ内容を記入します。ボールペンでしっかりと記入します。

  • 車名、型式、車台番号、自動車の大きさは、車検証のとおり記載します。
  • 車名(例) トヨタクラウン ×   トヨタ ○
  • 自動車の使用の本拠の位置は、申請者の住所となります。
  • ※ 住民票や印鑑証明書の記載どおり記入します。
  • 自動車の保管場所の位置は、車を置く場所の住所または地番を記入。
  • ※ 自動車の使用の本拠の位置と同一の場合でも同上と記入するのは不可です。
  • 日付は提出時に記入します。
  • 印鑑は認め印で複写分まで押印します。
  • 記入ミスについても訂正箇所に同じ印鑑での訂正印が必要となります。

使用権原疎明書面(自認書)の書き方

  • 車庫証明申請のときは証明申請をマルで囲みます。
  • 土地・建物についても土地だけなら土地の方を両方なら両方をマルで囲みます。
  • 日付は提出日を記入します。
  • 住所・氏名・電話番号には、申請者の情報を記入します。

このページの先頭へ