トップ画像

車庫証明とは

私たちは車の購入を決めた時、あることもしなければなりません。
もしそれをしなければ、違反で罰せられます。
それは車の保管場所を明確にするために(=保管場所法)、車庫証明を取ることです(=義務付けられています)。(車庫証明=自動車保管場所証明)

その車の車庫証明をするためには、車の保管場所を管轄する警察署で様々な手続きをしなければなりません。
車庫証明は車を止める場所があればどこでもOKというわけではありません。
保管場所に関してはいくつかの条件が定められています。

例えば、自宅から車の保管場所までの距離が、2キロ以内でなければいけません。
また、保管できるだけでなく、道路への出入りがスムーズに行われる必要もあります。

もちろん、車の一部だけが入るなんてことではダメです。
車全体が収容できないといけません。
車の保管場所は他人の土地に勝手に止めるなんてことは出来ません。
車の保有者が使用する権限(=権利)があることも条件となります。
つまり車庫証明とは、こうした内容をクリアしていることを証明する書類なのです。
(証明されていれば、管轄の警察署から車庫証明が発行されます。)

ちなみに、上記の内容は車庫証明の説明であって、車庫証明を取得するためには申請書類を作成しなければなりません。
通常、車庫証明の申請は自分自身でするものと考えられています。
しかし「時間的余裕がない」等々、様々な諸事情によって自分自身で車庫証明の申請ができない人は、行政書士に車庫証明代行を頼む場合も非常に増えてきています。

このページの先頭へ